FC2ブログ

島原鉄道 南目線 島原外港駅~加津佐駅間を廃止

島原鉄道南目線、島原外港駅~加津佐駅間の廃止のニュースで

連日、島原の地元紙である島原新聞で紙面を賑わせています。

島原新聞によると、毎年南目線で1億1,2千万円の赤字が出ているそうで

その赤字分は、島鉄フェリー、不動産、島鉄ホテルで穴埋めしてきたそうです。

これまでの利用者には、バスでの対応をおこなうそうです。

廃止予定日は、平成20年の4月1日だそうで、今年の3月30日には

九州運輸局へ鉄道事業廃止届出書を提出する予定だそうです。



昨年度の南目線の赤字額は1億6,700万円だそうで、毎年これだけの

赤字が出ているとは、よく穴埋め出来たなーとちょっと驚きの額でもあります。

そもそも島原鉄道の利用者は、学生がほとんどのようで、学生時代に

聞いた定期券の額が・・・サプライズな金額だったことを憶えています。

本日の島原新聞によると、定期券の額が少し安いバスの定期を買い、

使用している学生の方が多いということでした。



島原市民で島原鉄道を利用している人はどのくらいいるのでしょうか?

私の周りには・・・過去何十年島原市民で常用している人は聞いたことが

ありません。

島原鉄道の風景は、使用せず見る側からすると、田舎の風景に溶け込み

車両も趣がありいいのかもしれませんが、利用している人、運営している

島原鉄道側からすると、とにかくお互いに厳しい状況がずっと続いて

きたのではないでしょうか?

とにかく、鉄道の運賃は高い、利用者は少ない上に減ってきている、

本数が少なく1時間1本は当たり前、車と所要時間の差がない、

田舎なので駅周辺が住宅地ではないなど、デフレスパイラルのごとく

今後も好転することは考えにくいようです。



確かに残して欲しいという意見(情)は、よくわかりますが、そのような方々

も含め、ならば明日からマイカー通勤を止めて鉄道を使いますか?

と聞かれると答えは「ノー」だと思います。

ならば、赤字額分を半島の方々で負担しては?といっても、

それは「出したくない」となると思います。

やはり、時代の大きな流れには逆らえないと感じます。

すでに、現在の鉄道の形では、これ以上の存続は厳しいように思います。

島原鉄道のほうでもかなり苦渋の決断をされたことと思います。



最近、テレビ東京のガイアの夜明けで地方ローカル鉄道の特集が

ありました。そこでは、たぶん北海道だったと思いますが、バスでも

あり電車のように軌道の上も走る乗り物がすでに導入されている

地方都市がありました。

そんな便利な乗り物もあるんだなーと感心したものです。



都会と同じ方法ではなく、田舎には田舎なりの運送方法、経営、利用法が

あると思います。

今後きっと新しい形で、利用者のみなさんにも優しい島原鉄道になることを

楽しみに待っています!



廃止になる前に、島原鉄道の風景をたくさん撮ることと、トロッコ列車

乗ろうと思います。

島原の乱のあった、原城が再建されたり、島原の乱の資料館など在ったら

どうだったかなと・・・やはり廃止は残念でならないことは確かですね。


雲仙 島原 温泉 グルメ 見どころ観光情報 トップページへ

テーマ : 長崎
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

Secre

コメントありがとうございます!

コメントの回答遅くなり申し訳ありません。とても貴重な意見とても感謝しています。
マップの件はブログと私のスキルですのでよくわかりませんが、努力してみますね!
南目線廃止の件は確かにそうですよね。
出来るならば存続して行く道が開けることを望みます。
住民の機運はまだ高まっていないようですが、新聞などでは島鉄存続を盛り上げるような記事が連日載っていますね。
南目線廃止は非常に難しい問題ですが、将来の島原半島の観光にとっては大変な打撃になるっでしょうね・・。
まだまだ地方鉄道存続について勉強します!
お気に入り・RSS

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加

雲仙 島原 長崎 リンク集
トラベル情報






~格安航空券はもう買わない!~
『驚きの無料航空券入手法』
カテゴリー
プロフィール

はぐれ雲88

Author:はぐれ雲88
島原半島を中心に、雑誌、観光ガイドなどの、偏った情報でなく、実際に地元の人が行っている本当の雲仙、島原を知ってもらえたらと思います。写真を豊富に、地図も入れてますので、雲仙、島原に旅行に来る前に見てもらえたら幸いです。地元の人にも参考にしてもらえるようなサイトを目指します。

PR
RSSリンク
ランキング・タグ


ブログランキング【くつろぐ】
ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
ブログランキング
くる天 人気ブログランキング

ブログランキング7

旅行・観光ランキング

  • reachWORD


  • seo